Be ready to study abroad

留学直前の
英語準備コース

留学直前の英語準備コース

留学直前の英語準備コース

1英語による面接

留学先ではプレイスメントのため英語による面接が行われる場合があります。初めの挨拶、スモールトーク、自己紹介に続いて、コースに期待すること、自分の長所や短所、到達目標についての質問などに、英語でしっかりと答えられるように準備をします。ノンバーバルコミュニケーションである、握手の仕方、アイコンタクト、姿勢などについても学習をします。

グループ研修イメージ グループ研修イメージ

2英語によるスピーチ

留学先では、英語によるある程度の長さのスピーチが必要になる場合があります。たとえば、クラスの最初に挨拶、スモールトーク、自己紹介などを行った後にお題が出され、それについて論理的、且つ分析的なスピーチをするといったケースが考えられます。本コースでは、効果的なスピーチライティングとスピーチデリバリー、ロジカルな意見の述べ方、わかりやすくクリアな表現の仕方、質疑応答の方法などを、順を追って学んでいきます。

プライベート研修イメージ プライベート研修イメージ

3英語によるディスカッション

留学先では、数人でディスカッションをしなければならない場合があります。本コースでは、挨拶、自己紹介の方法、役割決定の仕方、各役割のこなし方、意見の発表、ロジカルな説明と例示の方法、同意と反論、質問と返答、説明や要約、傾聴、協調性、姿勢、アイコンタクト、ボディランゲージなど、ディスカッションで必要な要素をブラッシュアップします。

また、本コースでは教授法として受講生が持ち回りでレッスンのリーダーとなり、ミーティングのスタイルで学習を進めるリーダーメソッドを使用します。このメソッドにより学習への主体的な関わりを促し、学習への責任感を高めることで、授業への集中力を深めます。また、個々の受講生とグループ全体のモチベーションアップすることにより、短期間でコミュニケーション、インタラクション力を高めます。リーダーメソッドは、受講生同士のコミュニケーション量を最大するので、短期間でコミュニケーション力をアップすることができます。

短期集中研修イメージ 短期集中研修イメージ
留学のご相談ならICCコンサルタンツ