石田 豊人さん
通訳ガイドクラス在籍

「通訳ガイドになりたい…」と漠然と思うようになったのは、病気で16年間勤めた職場を辞めた後、自宅療養を続けていた時です。ひどい頭痛と目眩でほとんど1日中ベッドから出ることができず、薬の影響で朦朧とする頭で「これからどうするか」を不安な気持ちで考えていたとき、「通訳ガイド」のことが頭に浮かんできたのです。学生の頃からボランティア国際交流グループのメンバーとして外国籍府民を対象にしたウォーキングツアーなどを企画・運営していました。大学では一応英文学を専攻でしたし、卒業後もコツコツと英語を勉強してきました。何より、京都のお寺や神社、日本の歴史が好きでしたので「日本や京都のことを、外国から来られたお客様に英語で紹介することを仕事にできたら。」と思うようになりました。一向によくならない病状に苛立ちながら、せめてもの心の慰めが「通訳ガイドになる!」という思いでした。

しかし、それまで「通訳ガイド試験」について調べたことがなく、とりあえずテスト対策の参考書や問題集を買って読んではみるものの、どのように勉強をすればよいのか分からないうちに3月を迎えてしまい、かなり焦ってきた頃、アイビー外国語アカデミーで「通訳ガイド養成コース」があることを知り、藁をもつかむ気持ちで受講することにしました。授業は週二回で、毎回予習と復習にかなりの時間を費やし、またクラスで行うプレゼンテーションに対するプレッシャーに負けそうになりながら、何とか半年間のコースに通った結果、1次試験(英語筆記、日本地理・歴史・一般常識)と2次試験(面接)に無事合格することができました。もし、アイビーに通わず、暗中模索の状態でいたら、おそらく1次試験で不合格になっていたと思います。

現在は、京都のツアーを中心に、他の関西圏や関東、中部、中国地方などを巡るツアーも手がけるようになりました。アイビーの通訳ガイドコースでは、試験に合格するための勉強だけでなく通訳の基礎練習(リテンション、シャドーイング等)も含まれていて、通訳ガイドとして仕事を始めてからその時の練習が大変役に立っています。また、アイビー通訳ガイドクラスの在校生や修了生は「通訳ガイド研究会」に参加することができ、日本や京都の文化を学ぶとともに、ガイドの先輩からアドバイスを受けたり、ガイド仲間と情報交換する貴重な機会となっています。

昨年からは、私自身が「通訳案内士養成コース」の講師を務めることとなり、通訳案内士を目指しておられる方の助けに少しでもなれればと、私の行った勉強方法や、通訳ガイドの仕事も紹介しながら、授業を行っています。通訳ガイドの仕事は、大変な面がある反面、本当にやりがいのある仕事です。もし、少しでも興味をお持ちの方がおられましたら、一度見学にお越しください。

2009年5月
石田 豊人
2004年春期「通訳ガイドコース」履修






東 友美さん
通訳ガイドクラス在籍

私がガイドの免許を取得し、ガイドとして働き始め早5年目になろうとしています。といっても実際は1年以上お休みしていた期間があったので、今年で4年目くらいでしょうか。本当にあっという間の3、4年でした。

思い起こせば1999年春、それまでに2度ガイド試験に失敗していた私は今年が最後!!という思いで、アイビー外国語アカデミーのドアをたたきました。スタッフの方とお話をさせて頂き、正直疑心暗鬼のところもありましたが入学を決意、最初の授業に望んだのですが…、授業は課題の多さにビックリ。課題に取り組んでいるうちに1週間が過ぎ、また次の課題にとりかかるとその1週間が過ぎ…とあれよあれよといううちにガイド試験の日が近づいてきました。気がつけば与えられた課題しかしていない、と心配になったのも事実です。しかし、試験に臨もうとしている私本人以上に熱心に指導してくださった先生方、そしてがんばって勉強してきた日々を胸に試験に臨みました。試験の手応えは…自分でもさっぱりわかりませんでした。わたしにとってつかみ所のない試験でした。しかし、結果はなんと合格。まるで夢のようで、何回も何回も合格通知を見直したのをよく覚えているし、合格できたのは運かまぐれか奇跡かと今でも思います。

そして2次、3次試験対策でもまたまた色々な先生方、スタッフの皆様にお世話になり、無事2000年1月に念願のライセンスを頂くことができました。

2000年春、ガイドライセンスが取れればガイドとして働けるとして思い疑わなかった私を待っていた現実は…仕事はどうやってもらうの?ガイディングってどうやるの?をはじめわからないことだらけ。ガイド試験より実際のガイディングの方が大変だ、と困っていた私を助けてくださったのが、ガイドクラスで指導してくださった先生方でした。先生たちも大先輩のプロのガイドさん、ここではこうすれば良いのよ、こんな話もあるよ、と色々な情報、資料を惜しげもなく教えてくださいました。そしてガイド研究会を作り、お忙しい中、私のような新人ガイド、これからガイドを目指そうとしている人達を色々な所に連れていって、ガイディングの仕方、話し方、先生たちが長年苦労して得てきた秘密のテクニックを惜しげもなく私達に披露、提供してくださっています。すべて実際に役立つことばかりで、本当に感謝しています。

今年で実際のガイドとして4年目を迎える私は無謀にも今年からはガイド1本でやっていくつもりです。私がたった4年目にしてガイド専業でやっていけるのも、毎日楽しくガイドをして働けるのも、アイビーのガイドクラスを受講し、すばらしい先生方に出会い、ガイドクラス受講後はプロの先輩ガイドとして指導、助言、励ましetc.多くの面で私を助けてくださる先生のおかげだと思います。まだまだ経験も少なく、学ぶことばかりの毎日ですが、先生を目標にこれからも毎日楽しくがんばっていきたいです。
これからガイドを目指される方、先生が主催してくださる研究会で一緒にガイドの楽しさを体感していきましょう。

東 友美

 

2006年5月1日、全国の通訳ガイドを代表する形で約30分NHK教育TVに出演されました。
(あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑)

 






山普@透さん
通訳者養成コース在籍

私は、1990年に、当時のサイマルアカデミー京都アイビー校(現アイビー外国語アカデミー京都本校)の通訳クラス基礎課に入学し、本科まで2年半学びました。95年、初級通訳ゼミナールの講師を務めていた夏に渡英しました。
それ以来、8年半にわたって、BBC日本語部で、BBCワールドの日本語放送をつくる仕事に従事しています。日本でもケーブルやスカイパーフェクトTVで視聴可能な24時間ニュース番組のBBCワールドに、1日平均して12時間の日本語通訳をつけることが仕事です。業務はニュースと、ドキュメンタリーの二つに分けられます。

ニュースの仕事の日には、毎正時から30分のワールドニュースに通訳をつけていきます。ニュースで使われるレポートを、ニュース作成室から事前に入手し、正確でわかりやすい訳をつけて、ニュースの最中に読み上げていくのがだいたい半分。
あとの半分は、現地の特派員などが伝えてくるレポートをその場で同時通訳していきます。ドキュメンタリーの仕事は、原稿の作成、原稿のチェック、および原稿の音入れを、チームメートと任務分担して取り組みます。

最近では、イギリスの歴史上の人物を人気投票でランク付けする「英国の偉大な十人」という番組などが日本で好評でした。私がナレーションを担当した「ニュートン」が日本でも一位に選ばれたときには自分のことのようにうれしくなりました。
入社した当初は、扱っている英語の速さや、複雑な内容に圧倒され、しかも、それを、いとも簡単に、てきぱきと処理していく(ように見えた)先輩たちの姿を目にして「果たして自分に務まるのだろうか」と何度も不安におちいりました。しかし、アイビー校で、通訳技能を学んだ当時を思い出し、真剣に努力することだけが解決法だと理解し、出勤前と帰宅後にそれぞれ1時間半ほどトレーニングを積みながらの生活をこれまで続けてきました。2001年から昨年末までは、BBC日本語部のチームリーダーを務め、イギリス人スタッフとの折衝にもあたってきました。

いまでも、京都アイビー校で学んだことを懐かしく思い出します。優れた先生方と、生徒1人1人のことを親身に考えてくださるスタッフの皆様がいらっしゃったからこそ、自分は夢を追い求めることができたのだと実感しています。今学ばれている皆さん、そして、これからアイビー校の扉をたたこうとしているみなさん、すばらしい環境の中で、思う存分、真剣に学んでください
2004年3月25日
在ロンドン
山蕪ァ