通訳ガイドを目指すなら

通訳ガイド(通訳案内士)になるには、国家試験を受け合格しなければなりません。
合格後、都道府県に登録し、外国人観光客または外国のお客様の『通訳兼ガイド』という業務を行います。
通訳ガイド試験に合格するには、英検1級レベルの英語力の他、
日本の文化や歴史の知識だけでなく、それを英語で紹介できるスキルが必要になってきます。
一般的な英会話スクールで得られるのは会話力だけではないでしょうか。
確かに海外旅行へ行ったり、海外移住を考えている方でしたらそれでも良いでしょう。
しかし、英語を職業として将来を見据えているならば、それ相応の勉強を通訳学校に通うなどしなくてはなりません。

試験は「外国語についての筆記試験」の他「日本の地理・歴史・産業・経済・政治・文化に関する筆記試験」
そして、「口述試験(面接)」が行われます。口述試験では、英語力はもちろんのこと、
ガイドとしての日本に関する知識も問われることになります。
また、通訳ガイドとして適任かどうかも判断されることになり、
英語力・知識・人間性といった難関を突破した人だけが合格者となるのです。

アイビー外国語アカデミーのオンライン通訳では、通訳ガイドを目指すための、
基礎的な通訳技能や同時通訳、そして必要な教養や専門分野の知識を身に着けることができます。
確かな語学力を身に着け、本気で通訳ガイドを目指す方のためにアイビー外国語アカデミーがあるのです。
現役の通訳者である講師陣から学べるアイビーは、『プロ』を養成するに相応しいオンライン通訳学校です。