通訳ガイドのあれこれ

通訳ガイドは正式名称「通訳案内士」と言います。
通訳案内士になるには難関である国家試験を突破しなくてはなりません。
英検1級以上の英語力、日本の文化や歴史、経済などもこと細かく理解していないといけません。

通訳ガイドは英語だけのものではありません。
各国の言語を指定して試験を受けることができます。
現在は英語はもちろんの事、中国語や韓国語などアジア言語の通訳ガイドの資格を目指している方も多いようです。
でもやっぱり一番需要があるのが英語です。
英語は世界共通言語として君臨しているし、主用言語が英語でない国の方でも英語が使える方が多い事が理由に挙げられます。

通訳ガイドが活躍している企業は主に旅行会社・旅行代理店です。
また、(社)日本観光通訳協会に登録しフリーランスで活躍されている方もいます。
経験や実績に応じてスポーツ選手の海外遠征や有名人に同行したり、
国際会議といった国を担う大きな仕事に挑戦することもできます。

通訳ガイドの資格を所有しない人間が、通訳を行って報酬をもらう事は例えアルバイトだとしても違法行為に当たり罰せられます。
そのため通訳ガイドとして日本国内で働くためには、きちんと資格を取得しなくてはならないのです。

通訳ガイド資格取得の為の学校が増えています。
オンライン通訳学校も設立され、自宅にいながら有名アカデミーの授業が受けられるようにもなりました。
是非そういった有名校の授業やサポートを受けて難関を突破しましょう!